マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

サポーターズライフ

サッカー遠征を諦めない!Jリーグ花嫁サポーターにおくる結婚準備番外編【ご祝儀袋リメイク編】

皆さまこんにちは。結婚準備ブログの番外編として、頂いたご祝儀袋でインテリアを作ってみました。

結婚式を経験された方なら共感頂けると思うのですが、結婚式で頂いたご祝儀袋の扱いに困ったことはありませんか?
捨てるには忍びないし、思い入れもあるけれど活かし方も分からず、このままだとクローゼットにしまわれてしまう・・・。

そこでご祝儀袋をアレンジしてインテリアにすることにしました。

材料はこちら!
・ご祝儀袋
・グルーガン
・画用紙
・のり
・はさみ
・額縁(水引の高さを考えて厚みがあるもの)

さっそく作っていきましょう!
①ご祝儀袋と水引に分ける
短冊と中の封筒、台紙が入っている場合にもそれぞれ分けていきます。

②ご祝儀袋を同じサイズの四方に切っていく

今回私はA3の用紙に対して3cm四方に切っていきました。
ご祝儀袋の数が少なければ1cm四方ずつ大きくしていきます。
なお、四方に切るための台紙はご祝儀袋の中に入っている台紙を利用しました。

③四方に切ったご祝儀袋をお好みで並べてらあと、画用紙の中心に糊付けしていく
最初切ったものをランダムに並べてみました。

少し腑に落ちなかったので色合いごとにまとめてみました。
糊付けしたものがこちら!

真ん中の「寿」は数ある寿の中から一番好きな寿を選出しています(笑)

④水引を台紙の上に並べてみる

完成をイメージしながら水引を並べてみます。
どの水引を目立たせたいかで置く順番が前後するのと密度のバランスが難しいのでムラが出ないように並べていきます。
水引を貼るために移動させる前に完成予想図を写真に収めておきましょう。

⑤水引をグルーガンで紙に接着していく
いよいよ水引を画用紙に貼っていきます!
今回は100円ショップのグルーガンを使用しました!(本体代216円)

グルーガンはプラスチックなどのボンドだと接着が難しいものも瞬時につけることが出来るため初心者でも簡単です!
また立体的なもの同士をつけるのも楽ちん。ぜひ活用してみましょう。

グルーガンの本体に別売りのグルースティク(樹脂製)を差し込み、電源を入れれば準備完了!
あとはスティックを熱で溶かしながら接着したいところに塗っていきます。

水引の場合には結び目のところにたっぷりつければOKです!

⑥接着剤の熱が冷めたらフレームに入れる

額縁に慎重に入れたら完成です!
ちなみに今回使用したフレームはこちら!
サイズも色も様々ありますのでお好みのフレームに入れてください!




-サポーターズライフ

最新記事

サッカー観戦に持っていきたい!初心者のための持ち物リスト【雨・夏・冬の日編】

2019/01/14

PREV 初心者のためのサッカー観戦に持っていきたい!持ち物リスト みなさんこんばんは!アルビレックス新潟のサポーターのマチです。2001年からスタジアムに通い続けています。 今日は私が実際に愛用して …

サッカー観戦に持っていきたい!初心者のための持ち物リスト【基本編】

2019/01/14

みなさんこんばんは!アルビレックス新潟のサポーターのマチです。2001年からスタジアムに通い続けています。 今日は私が実際に愛用しているグッズをご紹介しています。一人でも多くの方がスタジアムへ足を運ん …

サッカー遠征を諦めない!Jリーグ花嫁サポーターにおくる結婚準備【結婚式編】

2018/09/26

こんにちは。今回は結婚式におけるもろもろの準備をご紹介したいと思います。 なぜ私がこのような記事を書こうと思ったのかというと、スタジアムでのサッカー観戦と仕事に手を抜かず結婚に伴う手続きを並行して行っ …

初心者による初心者のためのゲーフラの作り方【パソコン・針・ミシンなし!3時間で作ってみた編】

2018/09/21

前回は、人生で初めて選手ゲーフラ(ゲートフラッグ)を作ってみました。 今回は、パソコンも針もミシンも使わず、スマホとコンビニに力を借りて3時間でゲーフラ作成に挑戦! 忙しくてなかなかゲーフラ作りにチャ …

サッカー観戦を諦めない!花嫁サポーターのための結婚準備【入籍届等手続き編】

2018/08/24

こんにちは。今回は結婚におけるもろもろの手続きをご紹介したいと思います。 なぜ私がこのような記事を書こうと思ったのかというと、スタジアムでのサッカー観戦と仕事に手を抜かず結婚に伴う手続きを並行して行っ …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。