マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

アルビレックス新潟

縁もゆかりもなかったクラブの応援を続けたら、自分の世界が変わり始めた話 < 第3章 >

アルビレックス新潟の応援に対して大いなる夢と希望を持ってスタートした大学生活であったが、自分が思っていたほどアルビレックスどころかJリーグを見ている人もほとんどおらず、その時ばかりは女子大に入学したことを少しばかり後悔した。

特に大きな変化がないまま、前期の終わりにさしかかった2008年7月13日。
関東で日曜日ナイターの試合が開催された。J1リーグ第16節横浜Fマリノス戦である。

この試合は日曜日ナイターでさらに夏休み直前の試合だったこともあり、普段の試合と比べて新潟から遠征をしてくるサポーターの方も少なく、スタジアムにも空席がちらほらとあった。

何気なく着地した席の斜め前にいた関東の皆さまに試合後に声をかけて頂き、次のFC東京戦で一緒に応援をさせて頂けることになったのである。

関東でサポーターが集まるイベントなども見つけられず、本当にサポーター仲間に出会うきっかけがなくて、さらに自分から声をかける勇気もないことに自己嫌悪をし続けていた。
ずるずる4年も独りで応援を続けていたから、この時ばかりは言葉では言い表せないくらい嬉しかった。

嬉しさのあまり、帰宅後すぐに両親に報告をした。
両親は関東に熱心なサポーターの方がいることに驚きながらも、 「良かったじゃない。これで私たちも安心だわ」 と、友人が出来たことを喜んでくれた。

この時、一緒に観戦する仲間が見つかったことのほかに、もう一つ重要なことがあった。
それはサポーターズリンク新潟という存在をスタジアム内で立っていたのぼりで初めて知ったことである。

サポリンはアルビレックス新潟サポーター版の招待制SNSで、加入したい場合はすでに加入されている方の招待を受けて加入する。
アルビレックスが好きな方だけが加入できる、ミクシィのようなものだ。
また、サポリン内で繋がっていくためにはマイサポ申請(マイミク申請のようなもの)をすることで自分の意志で交友関係広めていくことが出来る。
少なくともスタジアムで直接声をかけるよりはかなりハードルは下がっていたと思う。

様々な方との交流を通して少しずつ自分の中で、自分の言葉で想いを伝えたいという気持ちが芽生えて来た。そこで私はその中で機能として存在した「日記」を使って色々なことを書き始めたのである。

今この言葉を綴っているブログの原型である。私自身のことを知ってほしいという気持ちもあったが、2008年当時は残留争い真っ只中で、自分に出来ることなら何でもやりたいという気持ちだった。
そして最終戦のガンバ大阪戦の前に書いたのが、「アルビと共に歩むまで」だった。

私の出自に関することだったが、こんなに素敵なクラブが身近なところにあるのだからもっともっと愛してほしい。一緒に最後まで闘おう。そんな想いだった。

元々はサポリン内で限定公開していたが、サポリン内のサポーター仲間さんからの提案でサポリンの公式ブログにアップして頂き、自分でも想像していなかったほどに”マチ”という存在が知られていくことになった。




> 続きを読む 

-アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018/09/01

2018年8月25日。 東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。 「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。 1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。