マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

Jリーグ アルビレックス新潟

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018年8月25日。
東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。
「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。

1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、たらい舟、千石船、宿根木、ゴールドパーク(砂金取り)、尾畑酒造で日本酒を試飲。
2日目にトキの森公園を見学してからビッグスワンに向かい、それぞれのチームを応援する。

アビスパ福岡関東サポーターズの皆様とは2016年から当時立川にあったスポーツ居酒屋KITEN!を通じて交流があった。(現在は高円寺に移転)
過去には合同の新年会やバスツアー、フットサルを企画して来た。
試合に関わるところも関わらないところもである。

今年同じカテゴリーで対戦するにあたりこんな話が出た。
「ビッグスワンでの試合を佐渡経由で行ったら面白いよね」
こうして表参道の新潟のアンテナショップネスパスで何度か打ち合わせを重ねて、このツアーが実現したのである。

私は学生時代に友人たちと遠出をしたことがない。
すでにアルビレックス中心の生活で遠征も行っていたから、数少ない友人も私を誘うことを遠慮していった。
特に予定のなかった休日に高校時代の友人たちがディズニーランドに行っていたと半年後に聞かされたこともある。
そのくらい、誘ってもサッカー優先で予定を合わせられないと思われていたのである。

Jリーグがなかったら、仕事もプライベートも忙しい同年代が9人も集まって、学生みたいな旅行をすることなんて出来なかっただろう。

旅館の駐車場で花火もした。
「最後の花火に〜今年も〜なったな〜」
みんなが歌っていたけれど、手打ち花火をしたのなんていつ以来だっただろう。
みんなで集まって真剣に恋バナをするなんていつ以来だっただろう。

昇格残留争い優勝争いなど様々な要因が絡み合うJリーグにおいてプロ野球などと比べても各クラブ間の垣根は決して低くはないと思う。様々な意見が出るのは当たり前だ。

でも私は素直に嬉しかった。
クラブは違えどクラブを盛り上げようと頑張っている同年代がこんなにもいっぱいいる。

特にアビスパ福岡関東サポーターズは関東在住サポーターで活動しており共通点も多い。
企画や見せ方、発信の仕方など意見交換することも多かった。

なかなか観戦者数が増えにくいJリーグで、サポーター同士で活動出来ればもっと面白い企画も見つけることが出来るのではないかと思うのだ。

アルビレックスというクラブをエンターテイメントとして確立させるのは難しい。
川崎フロンターレのように、フロンパークや毎試合の驚き企画を生み出すことは、現状出来ていない。

観戦理由が勝敗に起因するところが大きい中、ホームで1勝しかしていないのに試合を見に来てくださいと言っても誰にも響かないだろう。

クラブで様々な企画を行うことが難しいのであれば一人一人が動ける範囲を広げていくしかない。

このクラブは「ないものは作る」大切に生きてしてきた。

私たちサポーターがクラブを盛り上げるためにできることは、スタジアムもしくはその外で楽しい話題と機会を提供することだと思うのだ。

サッカー観戦の楽しさはきっとサポーターにも生み出すことが出来る。

私はこれからも勝敗だけに左右されない楽しい企画を見つけていきたいと思う。




-Jリーグ, アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …

「心をつなぎ越えていく」のであれば、あんな薄っぺらい言葉で終わらせてはいけない。

2018/08/09

10:40、私のスマホに【鈴木 政一監督 契約解除のお知らせ】が静かにやってきた。 そして14:11に中野幸夫社長からのコメントが公式サイトに掲載される。 【アルビレックス新潟に関わる全ての皆様へ】 …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。