マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

アルビレックス新潟

折れない。折れない。折れない。

やっと止まった6連敗。
残念ながら勝ち点3とはいかなかった。
皆さんには選手たちのプレーがどのように映っただろう。
ピッチまで距離がある味の素スタジアムでも、私の目には、選手たちの闘志がはっきりと見えた。

新加入の大武くんや磯村くんが積極的に声を出してくれて、
セットプレーは1つ1つ丁寧に対応をしていて、
クロスからチャンスを作らせず跳ね返し続けて、

この2週間、勝利のために準備をしてきたことがプレーを見て分かった。

だから私は自分の気持ちも奮い立たせた。
いつも先制点が入ると、
「何とかこの勝ち越している時間を1分でも長くしたい」と思っていた。
それが勝利に繋がると思っていたから。

けれど違っていた。
先制点を取ってもなかなか勝てない。
良い試合をしていても、失点が減らない。
思うように得点を重ねることは出来ない。
悔しさに何度唇を噛んだことだろう。

だから私は先制してから「追加点を取る」としか考えなかった。

今のJ1に新潟よりも順位が低いところはない。
順位で言えば、どのチームも新潟より強い。
小さなミスも失点につながってしまう。個人技のある選手にいとも簡単にやられてしまう。

それならば、1点取られたくらいで動揺している場合じゃない。
相手より1点多く取る。
そして勝つ。

ずっと頭の中で反芻していた。
折れない。折れない。折れない。
チャンスは絶対にある。
そのくらい強い想いが勝てないと思っていたから。

残念ながら勝利を手にすることは出来なかったけど、
連敗は止まった。
時間はかかったけど、最初の一歩が出た。

皆さんはどんな想いでこの試合を見届けましたか。
絶望したでしょうか。
それとも心に希望が灯ったでしょうか。

これからの15試合は厳しい闘いになるでしょう。
その目で今シーズンのアルビレックス新潟を最後まで見届けてください。

私はこのクラブがJ1に在り続けると信じてる。




-アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018/09/01

2018年8月25日。 東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。 「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。 1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。