マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、
私の周囲は静寂に包まれた。

順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。
頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。

3失点目のPKはトドメを刺しただけで、2失点目でみんなの心がポキっと折れた音が聞こえた。
最後まで必死に応援を続けたものの、負けているはずなのに後半のロスタイムが長かった。
蟻が列をなすかのように試合終了を待たずして帰路につくサポーターの姿が目に映る。

昨年たくさん苦しい試合を経験してきた。
15位に手が届かない。もがいてももがいても沈んでいく。J2に降格したらどうなってしまうのか怖くて仕方なかった。

だけど、苦しい試合を重ねたはずの昨年よりも栃木戦は辛かった。

戦意を喪失している。
プレーに精度がなくパスが繋がらない。
頑張っている選手以上に、散漫な心でプレーをしている選手がどうしても目に入ってしまう。

選手たちの自信はボロボロどころか砂のようにさらさらとピッチに舞い上がって消えてしまったようだった。

こんな試合もう見たくない。
そう思った。

でも、今私たちの心が離れたら、クラブがバラバラになってしまう。

世間には今のアルビレックス泥舟にしか見えないかも知れない。
私自身、今のアルビレックスが頑丈な舟にも見えないし、航海を楽しめるとも思えない。

泥でも焼いて固めれば海を進めるかもしれない。
泥舟でも指針がわかれば海を渡りきれるかも知れない。
泥舟でも渡りきれたら見える世界があるかも知れない。

選手と寄り添ってこの困難な時を一緒に乗り越えたい。
甘いと言われるかも知れないけど、突き放すのではなく、厳しい言葉を浴びせるのではなく、一緒に頑張りたいんだ。

今度こそ選手たちと共に勝利と喜びを分かち合うために。




-アルビレックス新潟

最新記事

#RIPThalles 大切な仲間へ

2019/06/25

2019年6月22日。 金沢戦の敗戦で気持ちが沈む中、信じられないニュースが飛び込んで来た。 昨年アルビレックス新潟の一員として闘ってくれたターレス選手の死である。 Ainda chocados co …

私は”家族”という言葉を嘘にしたくない

2019/05/12

2019年5月11日。 新潟から遠く離れた長崎の地で私たちはまたしても黒星をつけてしまった。 2−3。数字だけ見たら大量失点だ。 ビッグスワンでの勝利を連勝という形で繋げられず、順位が接近していた長崎 …

15年ぶりにゴール裏から離れて見えた景色

2019/05/04

アルビレックスの応援でこの景色を見たのは15年ぶりだった。 2019年4月28日、平成最後の試合を私は水戸で観戦した。 平日にチケットが発売されたこともあり、私はゴール裏のチケットを購入することが出来 …

目の前の試合が一生に一度の観戦になるかもしれない

2019/04/18

2019年4月14日の深夜3時。 私は片渕監督解任の知らせを新婚旅行先であるロンドンのホテルのベッドの中で知った。 一瞬夢かと思い飛び起きて、公式サイトも確認したが夢ではなかった。 公式サイトに「監督 …

縁もゆかりもなかったクラブの応援を続けたら、自分の世界が変わり始めた話 < 第4章 >

2019/04/02

なぜ新潟に無縁な私がアルビレックスを応援してきたのかは、1章〜3章に綴っています。続編の4章を読む前に1章からご覧いただければ嬉しいです。 縁もゆかりもなかったクラブの応援を続けたら、自分の世界が変わ …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。