マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

ユース選手達の最後の夏‐群馬‐

ユース選手達の夏‐群馬‐というブログをアップしてからちょうど1年。
私は再び群馬に向かいました。
前橋駅に降り立ったのは夜の21:30。
日曜日に開催される日本クラブユースサッカー選手権U-18の初戦のキックオフが朝の9:00だったため、仕事終わりにそのまま前日入りをすることにしました。

日本クラブユースサッカー選手権は全国のクラブに所属するU-18世代が地域予選を勝ち上がり、日本一を決める大会です。

今年アルビレックス新潟U-18は強豪揃いのCグループに入りました。
柏レイソルU-18、サガン鳥栖U-18、ガンバ大阪ユースと灼熱の群馬で4日3試合を闘うハードスケジュールです。
さらにアルビレックス新潟U-18は主力選手の怪我による離脱という状況で選手層が心配されました。

私が観戦した柏レイソルU-18の試合は芝のコンデションが悪く、ボールが意図しない方向へ跳ねてはねて扱いに苦戦していたため、互角の闘いとなりました。
しかし最後の最後に集中力が切れ試合終了前の5分間で2失点をしてしまい、0−2で敗戦しました。

敗戦となりましたが、この試合を見て思ったのは一人ひとりの選手が飛躍的に伸びていたこと。
特に3年生は1年生の頃から試合を見ていたので、身長や体格が一回りも二回りも大きくなったのはもちろん、視野が広くなったことも、相手をいなすのが上手くなったのも、クロスを正確に上げれるようになったのも、はっきりと分かるほどでした。
最後に彼らを見たのは去年の秋でしたが9ヶ月ほどでこれほど成長するのですから、彼らが真剣にサッカーに向き合っていることがその姿から分かりました。

今回購入したパンフレットを見ると、全日本クラブユース選手権U-18のクラブの多くは下部組織であるU-15からの昇格選手が大半を占めていることがほとんどです。
しかしアルビレックス新潟U-18は今大会で登録されいた選手の4割が県外出身者です。
県外に生まれ育ちながら、プロの選手になりたいと親元を離れ、青春の貴重な3年間を新潟で重ねようと集まってくれたことに私は感謝しかありません。
きっと15歳だった自分を振り返ってもそんな強さはなかったでしょう。

アルビレックスU-18が所属しているプリンスリーグの北信越は当然ながら北信越の高校や下部組織と闘うことになります。
関東在住の私にとってはトップに行くのかU-18に行くのかと迫られる状況でしたが、トップの試合とダブルヘッターの日を狙って新潟に行くことが多かったです。
今回の日本クラブユースサッカー選手権も親御さんたちを除くとサポーターは十数人でした。
同じアルビレックスを背負って闘っているのにと複雑な想いになります。ユース年代を応援したことがあるサポーターの方なら誰もが感じたことがあるでしょう。

7月30日、本間至恩選手と岡本將成選手の2人のU-18選手の来季トップ昇格が発表されました。
この世代は1年生の時から見守っていたので親戚のお姉さんのように嬉しい反面、昇格出来なかった子たちの顔が浮かぶので寂しさもあります。
彼らは3年間、場合によっては6年間、アルビレックス新潟のエンブレムを身に纏い全力で闘い、そしてサポーターが知らぬところでユニフォームを静かに脱いでいきます。

彼らの姿を見て、未来のアルビレックス新潟の選手達がU-18への入団を決断してくることは間違いありません。
アルビレックス新潟の未来は現役のU-18の選手達と、全面的にサポートをして各試合会場に駆けつける親御さんたちによって繋がっていくのです。

今年のチームを見れるのは最大で4ヶ月半。
大学に進学する3年生が4年後にアルビレックスに戻ってきたいと思ってもらえるよう、行ける試合は全力で応援していきたいと思います。

もしこのブログで一度もアルビレックスU-18の試合を見たことがない方がいらっしゃったら、ぜひ一度、サッカーに全力で取り組む彼らの姿を見にいらしてください。




-アルビレックス新潟

最新記事

#RIPThalles 大切な仲間へ

2019/06/25

2019年6月22日。 金沢戦の敗戦で気持ちが沈む中、信じられないニュースが飛び込んで来た。 昨年アルビレックス新潟の一員として闘ってくれたターレス選手の死である。 Ainda chocados co …

私は”家族”という言葉を嘘にしたくない

2019/05/12

2019年5月11日。 新潟から遠く離れた長崎の地で私たちはまたしても黒星をつけてしまった。 2−3。数字だけ見たら大量失点だ。 ビッグスワンでの勝利を連勝という形で繋げられず、順位が接近していた長崎 …

15年ぶりにゴール裏から離れて見えた景色

2019/05/04

アルビレックスの応援でこの景色を見たのは15年ぶりだった。 2019年4月28日、平成最後の試合を私は水戸で観戦した。 平日にチケットが発売されたこともあり、私はゴール裏のチケットを購入することが出来 …

目の前の試合が一生に一度の観戦になるかもしれない

2019/04/18

2019年4月14日の深夜3時。 私は片渕監督解任の知らせを新婚旅行先であるロンドンのホテルのベッドの中で知った。 一瞬夢かと思い飛び起きて、公式サイトも確認したが夢ではなかった。 公式サイトに「監督 …

縁もゆかりもなかったクラブの応援を続けたら、自分の世界が変わり始めた話 < 第4章 >

2019/04/02

なぜ新潟に無縁な私がアルビレックスを応援してきたのかは、1章〜3章に綴っています。続編の4章を読む前に1章からご覧いただければ嬉しいです。 縁もゆかりもなかったクラブの応援を続けたら、自分の世界が変わ …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。