マチココロ

サッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

J2アルビレックス新潟がルヴァン杯出場で得た2つのもの

2018年5月16日。

ロスタイムが何分あるのか分からないうちに試合終了のホイッスルは突然やって来た。両チームともにバタバタ倒れこむ。

J2クラブとして初めて出場したルヴァン杯においてアルビレックス新潟は惜しくも決勝トーナメントを逃す結果となった。

昨年のシーズン中は、とにかく○宮の下で最下位では終われない。
その気持ちでがむしゃらに勝ち点を積み上げた。
最後の4連勝でギリギリ17位に浮上。柏さんのACLプレーオフでの勝利によって2018年のルヴァン杯の出場の機会を得た。

私を含めてきっと多くのアルビサポはルヴァン杯出場に決して前向きとは言えなかった。
ただでさえ多いJ2の試合。
そしてJ1在籍時とは異なり、J2の相手チームは1週間のブランク、ウチは中2日なんてことも簡単に想像出来た。連戦に次ぐ連戦になる。
決して選手層も厚くない。
不安だらけのスタートだった。

しかしルヴァン杯から私たちは2つのものを得た。

1つは出場機会。
J2のリーグ戦1本では当然1試合も落とせない。
サブにも入れない選手たちをいきなり試合に出すことは慣れないJ2リーグの中ではかなり困難だっただろう。
J1と公式戦と言うチャンスはサブ組に試合勘を持って貰う最高の舞台になった。

1つはモチベーション。
J1クラブとの公式戦はまたとないアピールの場となった。
今回の予選ではFC東京と横浜F・マリノスさんがリーグ戦と全く遜色ないメンバーを組んでくれたのも大きい。
それぞれが調子を落とし勝てていない状況でとにかく勝たせたかったのだろう。
力の差をはっきり感じるところは正直あったが、私も選手も手応えは感じる内容だった。

マサくんもルヴァンで活躍した選手をリーグ戦でも引き上げて出場させたから、モチベーションは相当上がったに違いない。

そしてルヴァン杯で得た連携がチーム戦術の浸透にも繋がったと思うし、新太もさちも高木も出場機会を得た選手の動きが洗練されて来た。

ターンオーバーしきれずに苦しい時もあったけれど、ルヴァン杯はアルビレックス新潟にとってまぶしいくらいの希望の光になったと思う。

J2はじめての対戦ばかりで自分たちが強いのか弱いのか相性が悪いのか疲労があったからなのか分からなかった。

仙台・マリノス・FC東京という、よく行っていたスタジアム、いつも対戦していたチームと戦うことで自分たちに何が出来てないができていないのか分かった。

闘い抜いて思ったのは、ルヴァン杯に出場出来て本当に良かったと言うこと。
ルヴァン杯のおかげでJ2アルビレックス新潟が自分たちの現在地を再確認出来た。

この先もう道しるべはない。
自分たちで現在地を定めて進むべき道を決めて歩んでいくしかない。

それでも、今の私たちなら自分たちの力を信じて、この厳しいシーズンを歩んでいけるはずだ。




-アルビレックス新潟

最新記事

声援がなければサッカーは完成しない

2022/08/17

「新潟、新潟、勝利を掴め」 2022年8月14日J2第31節栃木SC戦。 カンセキスタジアム栃木には、アルビレックス新潟のサポーターと選手の歌声が響いた。 それは2年半振りに訪れた”日常”だった。 2 …

クラブへの愛を叫べるその日まで

2022/05/20

2022年5月11日。 1選手の新型コロナウイルス感染症の陽性診断の結果が公表された。 5/10(火)にトップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性診断を受けました。本日、当該選手を除くトップチーム …

昇格が消滅した直後の試合で私は何を見たかったのか。

2021/11/12

よし、松本に行こう。 友人に誘われてチケットを購入したのは11月3日の16:40。 第37節磐田戦での敗戦。2021年シーズンでのJ1への昇格が消滅した40分後の出来事である。 私は松本戦で何を見たか …

アルビレックスがいつも前に進む力をくれた

2021/10/08

2021年9月30日。 全国に発出されていた緊急事態宣言がようやく解除された。 これまでの日々を忘れないよう記憶に留めておきたいと思う。 何もかもが異例で感染者が増える度に怯えていた2020年。マスク …

自分で解決できない状況ほど苦しいものはない

2020/10/25

2020年10月15日。 アルビレックスサポーターにとって衝撃的なニュースが明るみに出た。所属選手が酒気帯び運転で書類送検されたのである。水戸ホーリーホック戦翌日には記者会見が行われた。 10月19日 …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター16年目、家事代行会社入社8年目。
サッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。