マチココロ

サッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

5400秒ー心にはアイシテルニイガタをー

サッカーの神さま、
私たちは何か悪いことをしたのでしょうか。

無情にも突きつけられた2枚の赤いカード。
ペナルティキックのジャッジ。
張り裂けそうな思いがした10/29の土曜日を、未来の自分はどう振り返るのだろう。

今シーズンは素晴らしい試合をしながら、
勝ち点がなかなか積み上がっていかない現実に私たちは ずっと苦しんできた。
苦しみながらも前を向いて、33試合のリーグ戦を闘ってきた。
11月3日の90分で全てが決着する。

本当は明日がずっと来ないで欲しい。でも明日が早く終わって欲しい。

何が何でも明日は見届けたい。でも怖いから見たくない。
自分の心は矛盾がいっぱいでぐちゃぐちゃだ。
でも、選手の心はもっと矛盾がいっぱいでぐちゃぐちゃだろう。

こんな時だからこそ、選手の心に寄り添っていたい。

私たちのキャプテンは先日の試合後にこんな言葉を残している。
『試合に出られない人もたくさんいる。ウチには病気の選手もいるし、そういう分もしっかり背負って、必ずJ1にいなければいけない』(小林裕紀選手ガンバ大阪戦後コメントより)

試合に出られない選手もいる。
スタジアムに駆け付けられないサポーターもいる。

4年前自分もそうだった。
自分一人居たところで応援でボールを動かすことは出来ない。
そうは思っても、スタジアムに駆け付けられない自分を呪った。
残留を果たした今でも悔やんでいる。

試合に出ることが出来ない選手、駆け付けられないサポーターの想いはきっと測ることが出来ないと思うから。

確かに、私たちは応援でボールを動かすことは出来ない。
それでも、スタジアムの空気を作り、選手の心を動かすことは出来ると信じてる。

もう90分、5400秒しかありません。
想いは絶対に通じます。

溢れるばかりに降り注ぐ拍手を。
選手の心に炎を灯す声援を。
心にはアイシテルニイガタを。

最終戦、必ず勝って残留しましょう。




-アルビレックス新潟

最新記事

私たちのJリーグが帰って来るまで

2020/03/22

2020年3月12日。 Jリーグから正式に再延期が発表された。 2020明治安田生命Jリーグ 3月中の開催延期のお知らせ#Jリーグ https://t.co/LD5CteOS04 — Jリ …

そして歩き出す サポーターと早川史哉の1287日

2020/01/19

2019年10月5日。 J2リーグ第35節 鹿児島ユナイテッドFC戦。 1287日振りに早川史哉がピッチに戻ってきた。 選手として1287日ぶりの出場。オレンジに染まるビッグスワンの景色がどんな時も僕 …

2019年で失ったもの。2019年で見つけたもの。

2019/12/21

2019年11月23日。 J2リーグ最終戦。 もつれにもつれた残留争いにも、混戦を極めた昇格争いに絡むこともなく、私たちの2019年は静かに幕を閉じた。 走れ!ニイガタ流儀を掲げて始まった今シーズン。 …

新潟を旅立つ俺たちのヒーローへ。

2019/11/22

野澤選手のプレーを初めて目にした時、私はまだ中学生でした。 コールに乗せてゴールにぶら下がるパフォーマンス。 試合になればアルビレックスのピンチを救ってくれる救世主。 そして、ピッチの外ではいつもお茶 …

アルビレックス新潟 後援会イベントレポ@ビッグスワン

2019/09/23

今回はビッグスワンでのアルビレックス新潟後援会イベントに参加しました。 その様子をレポートしたいと思います! 2019年8月17日に小千谷・佐渡・県外の後援会イベントが開催されました。 お盆時期の開催 …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター16年目、家事代行会社入社8年目。
サッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。