マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

アルビレックス新潟

5400秒ー心にはアイシテルニイガタをー

サッカーの神さま、
私たちは何か悪いことをしたのでしょうか。

無情にも突きつけられた2枚の赤いカード。
ペナルティキックのジャッジ。
張り裂けそうな思いがした10/29の土曜日を、未来の自分はどう振り返るのだろう。

今シーズンは素晴らしい試合をしながら、
勝ち点がなかなか積み上がっていかない現実に私たちは ずっと苦しんできた。
苦しみながらも前を向いて、33試合のリーグ戦を闘ってきた。
11月3日の90分で全てが決着する。

本当は明日がずっと来ないで欲しい。でも明日が早く終わって欲しい。

何が何でも明日は見届けたい。でも怖いから見たくない。
自分の心は矛盾がいっぱいでぐちゃぐちゃだ。
でも、選手の心はもっと矛盾がいっぱいでぐちゃぐちゃだろう。

こんな時だからこそ、選手の心に寄り添っていたい。

私たちのキャプテンは先日の試合後にこんな言葉を残している。
『試合に出られない人もたくさんいる。ウチには病気の選手もいるし、そういう分もしっかり背負って、必ずJ1にいなければいけない』(小林裕紀選手ガンバ大阪戦後コメントより)

試合に出られない選手もいる。
スタジアムに駆け付けられないサポーターもいる。

4年前自分もそうだった。
自分一人居たところで応援でボールを動かすことは出来ない。
そうは思っても、スタジアムに駆け付けられない自分を呪った。
残留を果たした今でも悔やんでいる。

試合に出ることが出来ない選手、駆け付けられないサポーターの想いはきっと測ることが出来ないと思うから。

確かに、私たちは応援でボールを動かすことは出来ない。
それでも、スタジアムの空気を作り、選手の心を動かすことは出来ると信じてる。

もう90分、5400秒しかありません。
想いは絶対に通じます。

溢れるばかりに降り注ぐ拍手を。
選手の心に炎を灯す声援を。
心にはアイシテルニイガタを。

最終戦、必ず勝って残留しましょう。




-アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018/09/01

2018年8月25日。 東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。 「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。 1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。