マチココロ

サッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

それでも、私は『アイシテルニイガタ』と叫び続けよう。

あり得ないミス、あり得ない失点で絶望したのは何度目だろう。

確かに選手は頑張ってる。
それでも名古屋戦での心の傷が癒えないまま、チームが完敗するのを見るのは辛かった。

今年はもうあと5試合しかない。

しかし、日月曜日休みの私が日程的に行ける試合にも関わらず、ビッグスワンに行くのをためらった。
アルビの応援を始めて12年目、こんな事は初めてだった。

苦しみながらも選手と一緒に残留を掴みとった2008年。
絶望的な状況でも、アルビのサッカーを、選手を、そしてサポーターの応援の力を信じて疑わなかった2012年。

2016年は今までのどの年とも違う、本当にチームが一歩進んだり二歩戻ったりの試合を重ねた。

象徴的だったのは、マリノス戦の前半でフリーキックのチャンスを得た時。
ゴール前に上がるはずだったボールは連係ミスでキッカーだった選手の足をかすめて無情にもラインを割ってしまった。

アルビの何を信じて良いのか、私たちの応援の力は何なのか。
正直、分からなくなっていた。
そんな時、
アルビレックス新潟からメールが届いた。

『「橙魂結集!」9月25日(日)ジェフ千葉レディース戦、鹿島アントラーズ戦 ビッグスワンを4万人でオレンジに!』

それは鹿島戦での4万人集客を呼び掛けるものだった。
ふと脳裏に初めてビッグスワンに行った時の光景が蘇った。

大きなスタジアムが一面オレンジに染まるスタンド。
チャントが始まればビリビリと体を震わせる声援。
スタジアム全体に降り注ぐ拍手の雨。
その声援や拍手に応えるように、必死にもがき必死にピッチを走り回る選手たち。
一層熱量を帯びるスタンド。
選手のプレーひとつひとつにサポーターが呼応していた。

2006年8月20日。
それが私にとってのビッグスワンだった。

応援の力は言葉では語れない強さを選手にもたらしてくれる。
そう信じていたい。

悩んだ末に私は鹿島戦の参戦を決めた。
4万人のスタンドを埋められるかは分からない。
それでも私はビッグスワンが好きだ。
新潟の街や選手やサポーターが好きだ。

新潟に無縁な私がこれだけ心を動かされて来たのは、
このスタジアムとサポーターが居たからだと思う。

チームの状況は苦しい。
天皇杯で勝利したものの、1試合で好転するとも思っていない。
それでも、私は『アイシテルニイガタ』と叫び続けよう。

アルビレックス新潟がJリーグのトップリーグでプレーをし続けること。
そして、タイトルを取ること。
それは今所属している選手たちだけではなく、
新潟でサッカーボールを追いかけ続けているユースのみんなや子供たちの夢でもあるはずだから。

鹿島戦、大切な試合になります。
もう一度4万人に。

選手に熱い声援を送りましょう。




-アルビレックス新潟

最新記事

”新潟”が大切な場所になっていた。

2019/07/12

2019年6月18日22:22。 新潟と山形で震度6強の地震が発生した。 新潟県で震度6強 山形県で震度6弱 今後の地震に十分注意を #nhk_news https://t.co/iBEtAxQuQ3 …

#RIPThalles 大切な仲間へ

2019/06/25

2019年6月22日。 金沢戦の敗戦で気持ちが沈む中、信じられないニュースが飛び込んで来た。 昨年アルビレックス新潟の一員として闘ってくれたターレス選手の死である。 Ainda chocados co …

私は”家族”という言葉を嘘にしたくない

2019/05/12

2019年5月11日。 新潟から遠く離れた長崎の地で私たちはまたしても黒星をつけてしまった。 2−3。数字だけ見たら大量失点だ。 ビッグスワンでの勝利を連勝という形で繋げられず、順位が接近していた長崎 …

15年ぶりにゴール裏から離れて見えた景色

2019/05/04

アルビレックスの応援でこの景色を見たのは15年ぶりだった。 2019年4月28日、平成最後の試合を私は水戸で観戦した。 平日にチケットが発売されたこともあり、私はゴール裏のチケットを購入することが出来 …

目の前の試合が一生に一度の観戦になるかもしれない

2019/04/18

2019年4月14日の深夜3時。 私は片渕監督解任の知らせを新婚旅行先であるロンドンのホテルのベッドの中で知った。 一瞬夢かと思い飛び起きて、公式サイトも確認したが夢ではなかった。 公式サイトに「監督 …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター16年目、家事代行会社入社8年目。
サッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。