マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

アルビレックス新潟

600秒のドラマの先。

世間からすると『順当勝ち』だったのかも知れない。

終わってみれば、2-3。
選手は力を尽くしてた。
本当にギリギリの闘いをしていたと思う。

私たちもともに死力を尽くして応援した。
二度と追い付かれながらも勝利を信じて応援してた。

だからこそホイッスルが鳴った瞬間は全てが止まった。
時間の波に取り残されてた気分だった。

スタジアムの照明まで祝福しているかのように光が降り注いでて、
水色のユニフォームの方々の歓声が響き渡っている。
終わってみれば、私たちは敗者だった。

悔しいことは今までもいっぱいあった。
嬉しいことよりもずっと多かった。

あぁ、つらいなぁ。

スタジアムで応援をして試合が終わったあとに、『つらい』と思ったのは久しぶりだった。
歓喜に湧く水色と失意のオレンジと言うコントラストのピッチを眺めながらふと思ってしまった。

川崎はファーストステージが1敗のみ。
セカンドステージも2戦2勝。

世間からすると『順当勝ち』だったのかも知れない。
それでも、あの瞬間私たちはきっとみんなつらかった。

サッカーは順位だけでは語れない。
順位が上だから勝つとか下だから負けるとかがサッカーではないことは分かってる。
だからこそ私たちはスタジアムへ向かう。
愛するチームの勝利を信じて。

そしてどんな結果であっても一緒に共有したい。
そう思って来た。

それでも、残り10分の結末を受け止めるのはつらかったんだ。

あの600秒には残酷なほどのドラマが待っていた。
下を向いていたってすぐに試合はやって来る。
正直、『切り替える』なんて無理だ。
そんなスマートに出来るはずがない。

だったら、歯をくいしばってどん底から這い上がるしかない。

闘え新潟。
今度こそ勝利を掴め。




-アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018/09/01

2018年8月25日。 東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。 「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。 1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。