マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

AlbiWAY アルビレックス新潟

維れ新なり(これあらたなり)【AlbiWAY掲載コラム】

今シーズン初めてアルビウェイを書かせて頂きました。備忘録として自身のブログにもアップしておきます。(編集部より許可を得ております。)試合とはあまり関係がないコラムですので、維新みらいふスタジアムへ参戦出来なかった皆様も是非お楽しみください!

今回はレノファ山口さんとリーグ戦初対戦となりました。山口さんのホーム、維新みらいふスタジアムの「維新」は明治維新の「維新」から来ているのだと思います。私は大学で史学科を専攻していてまさにこの時代、(詳しく言うと文久元年~三年)で卒業論文まで書いてしまったほどなので山口と聞くと長州藩が思い浮かぶのです。
 私たち新潟や福島など東日本の多くは佐幕派と言われ、権力が形骸化していく徳川幕府を支持していました。それに対して、鹿児島や山口は自分たちが外国と戦争をしても圧倒的な兵力の差で勝てないと悟り、国の中で抗争を繰り返しながらも先進的な技術や文化を積極的に取り入れていったのです。(ついには日本国内でも戦争をしながら)日本が植民地になりそうだった所を何とか防いで近代化させたんですよね。※大胆に説明しましたが所説あります。
 ここまで全然サッカーと関係ないじゃん!とお思いのあなた、実はそこまで無関係ではないんです。
 明治維新の頃の世界勢力図も、現代におけるサッカーの勢力図もヨーロッパが先端を走っています。一方で私たちは過去の言葉を借りると『極東』なんです。一番東の端っこ。約200年間も殻にこもって鎖国が成立していたのも、この地理的要因が大きいでしょう。これはデメリットも大きくてヨーロッパで発生した最先端が日本に届く頃には世界の当たり前になっていて全く最先端ではなくなってしまうんです。明治政府もここでかなり苦労しましたし、サッカーにおいても世界に追いつきたい日本にとってはハンデになると思います。
 近年はJリーグで花開いた選手がヨーロッパに移籍することが当たり前になってきました。トップレベルの世界で戦うためです。最近ではJ1以上にJ2のクラブがヨーロッパ監督を積極的に招聘しています。先日対戦した徳島や東京ヴェルディ、千葉などです。展開するトレーニングや戦術は独特でおそらくクラブも選手も最初は不安もあったでしょう。しかし3チームとも昨年はプレーオフ争いに絡むなど実力が上がってきています。
 日本人は振り返ってみても、どうも新しいものを取り入れることに積極的ではありません。歴史が大きく動くのも外国の影響か、最先端技術と文化を積極的に取り入れた各時代のキーパーソンによるものが大きいです。
 アルビレックス新潟サポーターも例外ではなく、サッカーに対しても新しいものには否定から入ってしまいがちですが、もっと柔軟な視点を持てるようになると私たちのサッカーの見え方も変わって来るかもしれませんね。

アルビウェイとは?

アルビレックス新潟のアウェイゲーム限定で発行されているフリーペーパーです。
サポーターがライターとなり、試合の見どころやコラム、次回のアウェーゲームの観光地やチャント紹介をしています!

過去のバックナンバーは以下のURLよりご覧ください!
※スマホだと分かりにくいのですがずーーーーっと下にスクロールすると紙面のPDFが出てきます!!(笑)
https://niigataaway.wordpress.com/




-AlbiWAY, アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018/09/01

2018年8月25日。 東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。 「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。 1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。