マチココロ

趣味のサッカー観戦と本業のお掃除と、日々の出来事を綴っています。

アルビレックス新潟

それでも、私はアルビレックスと共に歩んで行く。

2017年12月2日。
2年前の大雪での試合中止が頭をよぎる中、
関東在住の私は新潟行きの新幹線に乗り込んだ。
2週間ぶりのビッグスワン。
現地からはすっかり雪化粧してしまったピッチの写真が送られてくる。
しかし試合に合わせるかのように雪はやみ、試合開始直後には空は晴れ渡っていた。一日の間に天気がくるくると変わる。これが新潟の冬空である。
ピッチの雪はユースの選手達やボランティアによってピッチの端に積み上げられ、緑の芝生が顔を出している。
予定通り試合は開催された。

優勝と残り1枠の降格がどこになるのか注目される中で全ての試合が14:00にキックオフを迎えた。

セレッソはACL圏内の3位、うちは16位以下の降格が決まっている。
しかし展開はお互い一歩も譲らない激しいものになった。
3位を確定させているセレッソに、一歩も引けを取らない試合展開という意味である。
息をつく暇のない攻防が展開されて、
私たちサポーターにも自然と力が入る。

それとともに、時計が進むにつれてさみしさがこみ上げて来た。

サポーターの歓声が地響きのようにスタンドに広がる感覚も、
サポーターの声援に選手が応えてくれる感覚も、
そこにあったのは私が大好きなビッグスワンだった。

たとえ4万人集まらなくても、
J2に降格しても、
このスタジアムとこのサポーターは、
私が愛してやまないビッグスワンの原風景と重なった。

第35節があってほしかった。
もっとこのチームを見たかった。

甲府戦の時は降格を知っても実感が湧かず、ただその場に立ちすくんでしまった。
清水戦の時はとにかく勝利の報を新潟に届けたかった。

そしてセレッソ戦の時は行き場のない気持ちでいっぱいだった。

J2に降格するからと言ってクラブが消滅する訳ではない。
選手が全員いなくなる訳でもない。

それでもこんなに苦しいのはきっと、
アルビレックスが、本間勲がシャーレを掲げた姿を本気で見たかったからだと思う。

どんなに選手を引き抜かれても、
けが人が続出しても、
成績が悪くても、
J1に居ることが出来れば、
シャーレを掲げられるチャンスはあった。

可能性がどんなに低くても、
毎年アルビレックスに夢を見せて貰ってきた。

どこにでもいる平凡な私が日本一の夢を見れるのはアルビレックスのおかげだった。

残念ながら、私たちは来年1年間はJ1の舞台でシャーレを掲げる夢を見ることはできない。
J2リーグはJ1リーグとはまた違う茨の道になることだろう。

それでも私は自分の人生と重ねて合わせて、アルビレックスと共に歩んで行く。
この日の悔しさを無駄にしないように闘い抜くんだ。

そして1年後はみんなで嬉し涙を流そう。
もう一度、夢を叶える舞台に戻って来るために。




-アルビレックス新潟

最新記事

なぜ妹はJリーグ沼にハマらなかったのか ~ サポーターの立場からファンを熱狂に巻き込む方法 ~

2018/10/28

”Jリーグ沼”とはささゆかさんのブログで初めて目にした言葉である。 キラキラ女子だけが女に非ず!私はこうしてJリーグ沼に落ちた Jリーグという存在が気になって足を踏み入れたら、どんどんハマって動けなく …

ハルヲスイングが心を繋ぐ

2018/10/17

2018年10月13日J2リーグ第37節、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府と対戦。 0-0で引き分けたため、今節にてプレーオフ圏内である6位以内に入ることができなくなった。 すなわち、2018年 …

ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある

2018/09/09

2018年9月8日。 ひとつの勝利が勝ち点3以上のものを与えてくれることがある。 5か月半。 私たちはホームビッグスワンで勝利出来なかった。 ボロボロになりながら、苦しみながらも闘ってきた。 しかし連 …

東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー

2018/09/01

2018年8月25日。 東京発新潟行きの新幹線で半年の構想の末、念願の企画がスタートした。 「東京発佐渡経由ビッグスワン行き観戦ツアー」である。 1日目はジャンボタクシーで佐渡の小木地方で、ブリカツ、 …

いま、私たちの心が離れたらアルビレックスがバラバラになってしまう

2018/08/17

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、 私の周囲は静寂に包まれた。 順位的にはさほど変わらない栃木に対して完敗。 頑張っている選手は見えても得点の形をなかなか見出せなかった。 3失点目のPKはトドメを刺し …




マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター15年目、家事代行会社入社7年目。
趣味のサッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。