マチココロ

サッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

15年ぶりにゴール裏から離れて見えた景色

アルビレックスの応援でこの景色を見たのは15年ぶりだった。
2019年4月28日、平成最後の試合を私は水戸で観戦した。

平日にチケットが発売されたこともあり、私はゴール裏のチケットを購入することが出来ず、メインスタンドサイドから試合を見ることにした。

私が最初にアルビレックスの試合を現地で見た時は2004年の開幕戦の味の素スタジアムで、その時はまだサポーターでもなく、たまたま当選したFC東京の招待券であった。

その試合以来、15年間アルビレックスの試合はずっとゴール裏で応援をしてきた。
関東在住でアウェーの観戦が多かったので堂々とアルビレックスを応援したくてゴール裏を選択してきたのもあったが、私自身がゴール裏で応援することで目の前で繰り広げられる試合に協力するというか、参加したかったのかも知れない。

10連休のゴールデンウィークの影響をもろに受けて、私たちが乗るバスは試合開始直前に到着した。
メインサイド席もアルビサポですでにびっしりで、何とか空いていた席を見つけて夫と腰をかけた。

ケーズデンキスタジアムだからというのもあったかも知れないが、ゴール裏から感じるメインスタンドまでの距離よりもずっと、メインスタンドから感じるゴール裏までの距離の方がずっと近く感じた。

普段ならチャントを歌っている間はほとんど拍手をしない。
しかし、メインスタンドの人たちの中にはチャントにもコールにもずっと手拍子を送り続けている人がいた。
私自身がメインスタンドやバックスタンドから降り注ぐ拍手に励まされていたことを思い出し、私も周囲の人たちと一緒に手をたたき続けた。

メインスタンドから試合を観戦していると、ゴール裏にいる時以上に1つのプレーで応援が大きくうねるのを感じた。
特に後半は目の前のゴール前に攻めて来ることから、メインスタンドもゴール裏に呼応して拍手が鳴り響いていた。
人数的には決して多くないはずだが、私は鳥肌が立った。

メインスタンドのサポーターも一緒にスタジアムの雰囲気を作っている。
スタジアムの階段を上り下りするのもきっと大変であろう、ご高齢のサポーターもチャンスとなると夢中で拍手を送っていた。

私はずっとゴール裏が中心となってスタジアムの雰囲気を作っていると思っていた。
でもメインスタンドで観戦して、スタジアムの雰囲気を作っているのは誰でもない。
私たち一人一人だと改めて感じたのだ。

少し前で目を輝かせて手を叩いていた少女も、選手のプレーで笑顔になる私の両親と同じくらいのご婦人も、一緒にアルビレックスという1つのクラブを応援している。

みんながアルビレックスの勝利を願って水戸までわざわざ来ていたのだ。
そのことを改めて知れただけでも手を真っ赤にしてたたき続けた甲斐があった。

強くなろうよ、アルビレックス。
私はこの人たちと一緒に喜びたい。

今日こそ、この4引き分けを生かす時だ。
今日こそ、みんなで一緒に勝利を掴もう。




-アルビレックス新潟

最新記事

私たちのJリーグが帰って来るまで

2020/03/22

2020年3月12日。 Jリーグから正式に再延期が発表された。 2020明治安田生命Jリーグ 3月中の開催延期のお知らせ#Jリーグ https://t.co/LD5CteOS04 — Jリ …

そして歩き出す サポーターと早川史哉の1287日

2020/01/19

2019年10月5日。 J2リーグ第35節 鹿児島ユナイテッドFC戦。 1287日振りに早川史哉がピッチに戻ってきた。 選手として1287日ぶりの出場。オレンジに染まるビッグスワンの景色がどんな時も僕 …

2019年で失ったもの。2019年で見つけたもの。

2019/12/21

2019年11月23日。 J2リーグ最終戦。 もつれにもつれた残留争いにも、混戦を極めた昇格争いに絡むこともなく、私たちの2019年は静かに幕を閉じた。 走れ!ニイガタ流儀を掲げて始まった今シーズン。 …

新潟を旅立つ俺たちのヒーローへ。

2019/11/22

野澤選手のプレーを初めて目にした時、私はまだ中学生でした。 コールに乗せてゴールにぶら下がるパフォーマンス。 試合になればアルビレックスのピンチを救ってくれる救世主。 そして、ピッチの外ではいつもお茶 …

アルビレックス新潟 後援会イベントレポ@ビッグスワン

2019/09/23

今回はビッグスワンでのアルビレックス新潟後援会イベントに参加しました。 その様子をレポートしたいと思います! 2019年8月17日に小千谷・佐渡・県外の後援会イベントが開催されました。 お盆時期の開催 …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター16年目、家事代行会社入社8年目。
サッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。