マチココロ

サッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

Jリーグ アルビレックス新潟

目の前の試合が一生に一度の観戦になるかもしれない

2019年4月14日の深夜3時。

私は片渕監督解任の知らせを新婚旅行先であるロンドンのホテルのベッドの中で知った。
一瞬夢かと思い飛び起きて、公式サイトも確認したが夢ではなかった。

9試合で3勝3分3敗。
決して良い成績ではない。
上位チームは未だ黒星をつけてないところもある。

上位争いをするためにここから勝利を伸ばしていけるよう頑張ろう。
誰もがそう思っていたはずだ。

しかし、是永社長の決断はずっとずっと早かった。

すぐさまSNSの反応も確認した。
困惑する声が多く聞かれる中で、私自身は比較的早くこの監督交代について受け止めていた。

この3年間の解任劇はタイミングが遅すぎた。
解任の声が上がる中でこのままいくと思っていたところでの解任が続き、残された時間の中で次の監督にできることはかなり限られていたはずだ。
次の監督の戦術を理解してもらう時間は残されていなかったように思う。

その点で言えば、吉永監督にはまだ33試合が残されている。
キャンプなどを行うことはできないが、シーズンはまだまだ残されていると言えよう。

このタイミングで片渕さんを解任するという決断が正解だったのかは今の時点では全く分からない。
シーズンが終わった時に初めて答え合わせができるのだろう。
今は前を向いて目の前の試合を闘うしかない。

この記事は、このタイミングでの監督解任について論議をしたくて書いたのではない。

私は是永さんの会見の様子(是永大輔代表取締役社長より監督交代の趣旨説明)を見て刺さった言葉があった。

「毎回応援して頂ける皆さんにはもちろん、一年に一度しか応援に来れない皆さんもいる。
さらには一生に一度しか来れないお客さんもいるかも知れない。
選手たちがまぁ次、次と気持ちを切り替えていくのはもちろん大事なことなんですが、一方で次などいつまでもあるわけではない、一度しかない人もたくさんいると言うことをお伝えしたかったと言うことです。
(是永大輔代表取締役社長より監督交代の趣旨説明より引用)」

私はこの日、ロンドンで生まれて初めてプレミアリーグの試合をスタジアムで観戦する予定になっていた。

プレミアリーグを見るならトップレベルのクラブを見てみたいとマンチェスターシティの試合を見ることに決めた。

※なぜマンチェスターシティだったかは改めて別のブログに綴りたいと思う。

この日のために勉強をして観れる試合は夜な夜な2人で起きてDAZNで観戦も重ねた。
この日の試合を一番楽しめるよう、時間をかけて準備して来たのである。

スタジアムに向かう道すがら、マッチデースカーフ(タオルマフラー)も購入した。
その日の対戦カードと日付が入っている限定品である。

非公式のマッチデースカーフは公式のタオルマフラーと金額が変わらないにも関わらず、飛ぶように売れていた。

スタジアムに入場すると、テレビの画面やウェブの写真で見ていた選手が目の前を走り回る様子はウォーミングアップの時点で感動した。

試合にも3-1で勝利してこれ以上ない最高のプレミアリーグ観戦だった。

試合が終わってから、是永社長の言葉が今の私たちとリンクしたのである。

試合後も私たちだけではなく、スタジアムに残って記念撮影をする人がたくさんいた。
プレミアリーグにとってはたった1節のリーグ戦。
でもここにはもう一生プレミアリーグを観戦しない人も、中には一生サッカーを観戦しない人もいるのかもしれない。
目の前の試合が一生に一度の観戦になるかもしれないのだ。

人がさざ波のようにさっといなくなったスタジアムを私はしばらく見つめていた。

もちろんサッカーだから勝つ時もあれば負ける時もある。
その1試合は90分で終わりなのだ。その日のその試合は二度と戻ってこない。
次なんてないんだ。

だからこそ90分を全力で走り抜ける姿はサポーターの心を打つし、今日とは違う1試合をこの目で見るためにスタジアムへ行きたいと思うのだ。

クラブの財政状況を考えれば、昇格を目指せる戦力が来年も確保できるかなんて分からない。

「次などいつまでもあるわけではない、一度しかない人もたくさんいる。」
社長の言葉を聞いた選手たちが同じ想いで闘ってくれると信じている。

私もその想いに応えて最高の雰囲気を作りたいと思う。




-Jリーグ, アルビレックス新潟

最新記事

私たちが愛してやまない”新潟の太陽”

2022/09/30

「王様になれるチームじゃないと活きない」 高木善朗が前に所属したチームのサポーターが言っていた言葉だ。 でも私たちにとって善朗は”新潟の王様”ではない。 私たちの心を照らし続けてくれる、私たちが愛して …

声援がなければサッカーは完成しない

2022/08/17

「新潟、新潟、勝利を掴め」 2022年8月14日J2第31節栃木SC戦。 カンセキスタジアム栃木には、アルビレックス新潟のサポーターと選手の歌声が響いた。 それは2年半振りに訪れた”日常”だった。 2 …

クラブへの愛を叫べるその日まで

2022/05/20

2022年5月11日。 1選手の新型コロナウイルス感染症の陽性診断の結果が公表された。 5/10(火)にトップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性診断を受けました。本日、当該選手を除くトップチーム …

昇格が消滅した直後の試合で私は何を見たかったのか。

2021/11/12

よし、松本に行こう。 友人に誘われてチケットを購入したのは11月3日の16:40。 第37節磐田戦での敗戦。2021年シーズンでのJ1への昇格が消滅した40分後の出来事である。 私は松本戦で何を見たか …

アルビレックスがいつも前に進む力をくれた

2021/10/08

2021年9月30日。 全国に発出されていた緊急事態宣言がようやく解除された。 これまでの日々を忘れないよう記憶に留めておきたいと思う。 何もかもが異例で感染者が増える度に怯えていた2020年。マスク …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター16年目、家事代行会社入社8年目。
サッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。