マチココロ

サッカー観戦と本業のお掃除、新潟のよいところを綴っています。

アルビレックス新潟

地元のチームでなくても愛することはできる。

地元のチームでなくても愛することはできる。
それは私が証明していると言っても良い気がします。

このブログで綴ったことがないと思うので補足をしますと、共に東京都調布市育ちでFC東京のシーズンパスを保有する両親を持つ、新潟に無縁なアルビサポです。

私はラモス好きな父の影響で味の素スタジアムが出来たと同時にスタジアムに通うようになった日韓W杯バブルの申し子でもあります。

14歳でアルビと出会い、人生の半分近くをアルビと共に歩んで来ました。(以前も書いたことがあるので、理由についてはまた別の機会に綴ることにします。)

そもそもあなたは今日まで何故アルビレックスを愛してこれたのでしょうか。

おそらくそこにはそれぞれ何らかの形で出会うきっかけがあったのではないかと思います。

それは街に貼られたポスターだったかも知れないし、
テレビ中継だったかも知れないし、
タダ券がきっかけの方もいるでしょう。
私と同じように、両親にスタジアムへ連れられて行ったかも知れません。

しかし、それはアルビレックスと接点を持つ機会だけで、誰のところにも縁は転がっていたのではないでしょうか。

人生色んな縁と出会う中で、それぞれがオレンジのユニフォームを身に纏ってこのクラブを応援する道を選びとってきたのだと思います。

縁を繋ぎ続けることは簡単ではありません。
人生で様々な転機がある中で大切に繋ぎ止めて来たのではないのでしょうか。

私自身で振り返ると、本人の意志に関係なくスタジアムから遠ざかっていた時期はありました。
中学生・高校生の時は、両親の心配から自由にスタジアムに行くことができませんでした。
1人で遠出をしたことがなかったこともあったし、大切にされていた分、心配もあったと思います。

社会人1年目の頃は指導をしてくださる先輩社員がいないと仕事が進めることが出来ないため、自分でスケジュールをコントロールすることは困難でした。
そしてこれからは大切な後輩が増えた分、どうしてもスタジアムに足を運べないことが出てくると思います。

私1人を振り返っても、
どうしてもスタジアムに足を運べない時期はありました。
それでもアルビレックスとの縁を繋ぎとめてまたスタジアムに帰って来ました。

私たちとアルビレックスが出会ったのは偶然だったかも知れません。
でもその出会いから共に月日を重ねていくことは容易ではなかったはずです。
そして未来にも困難は待ち受けてるかも知れません。

だからこの仲間とアルビレックスと、
この瞬間に同じ思いで試合を闘う事が出来るのはなんて素敵なことなのでしょう。

ガンバ大阪戦の勝利でFacebookにもTwitterにもみんなの笑顔が溢れていました。

試合終了のホイッスルが鳴った時、
テレビの前の私もスタジアムにいるみんなも泣いていました。

みんなの縁と想いが重なって掴んだ勝利。
残り5試合も悔いがないように、未来のために戦い抜きたいと思います。

最後に流す涙はうれし涙でありますように。




-アルビレックス新潟

最新記事

“共に”新潟で挑む

2024/05/05

2024年3月21日の正午に出たリリース。 目にした瞬間、私の感情は怒りが占めた。 #新井直人 選手の #サンフレッチェ広島 への完全移籍が決定しました。#アルビレックス新潟 を応援してくださるすべて …

新しい景色を見るために

2024/01/07

1年前。 新体制会見前の私はどちらかというとワクワクではなくハラハラしていた。 2022年シーズンのJ1の試合をDAZNで見ていて、その強度とスピードに戦々恐々としていた、 ゴール前での時間が圧倒的に …

夢じゃなくて、願いじゃなくて、憧れじゃなくて

2023/09/04

2023年8月30日。天皇杯 準々決勝 アルビレックス新潟vs川崎フロンターレの試合を観戦するため、私は新潟へ向かった。 私が天皇杯準々決勝を参戦を決めた理由は、絶対に勝たせてやるという燃えたぎるよう …

このメンバーで証明したい。

2023/02/24

2022年シーズンのJ2リーグ優勝により、アルビレックス新潟は2023年シーズンをJ1リーグで戦うことになった。 カタールワールドカップの開催に伴いいつもより長いオフシーズン。移籍市場はしばらく沈黙が …

私たちはもう一度スタートラインに立てた。

2022/11/11

2022年10月8日J2第40節ベガルタ仙台戦。他のクラブの試合結果により、この試合に引き分け以上なら自力で昇格を決められる。チケットは完売。今季最多の観客数になることは必至だった。 試合当日、ビッグ …





マチ神奈川県川崎市在住、東京都調布市出身。
新潟に無縁だったアルビレックス新潟サポーター16年目、家事代行会社入社8年目。
サッカー観戦、本職のお掃除、サポーターとして経験したこと、新潟のよいところを書いてます。